雪が降っていたり、氷点下で凍てつくような気温の日にもフィットネスサイクリングを頑張っていますか?

私は路面がビチャビチャに濡れている時や、雨が降っているか、すぐに降り始めるような時の他はなるべくサイクリングに出発するようにしています。

ですが普段着サイクリングを心がけている上で、一定の範囲を超えた寒い日の装備はとても悩ましい限りですよね?

今回は、「今日はちょっと寒すぎるよなぁ〜(汗」というような日の為に購入してみた、ユニクロの暖パンのラインナップ「ブロックテックウォームイージージョガー」の使用感です。

スポンサードリンク

ブロックテックウォームイージージョガーとは

ユニクロにはブロックテックというシリーズがあります。

何をブロックするのか?という話ですが、これは冷たい風を防ぐってことですね。

暖かいシリーズとしてはヒートテックが有名ですが、スポーツなどの場合はやはり寒風を防ぐ方が有効です。

以前も書きましたが、私個人はブロックテックシリーズのパーカーが特にお気に入りです!

ウインドブレーカー的なものを探している方は、ぜひお試し下さいね。

(大きいサイズはすぐに売り切れになるんですが・・・(涙))

参考記事:ユニクロの2017年版ブロックテックパーカーはより自転車向け

で、このブロックテックのボトムスにジョガータイプのものが発表されました。

ジョガータイプとは裾が絞ってあるやつです。

自転車でサイクリングをする時には、ボトムスの裾は絞られてないと困ったことになります。

なぜかと言うと、チェーンの油汚れが着くからなんですね。

右足の裾部分だけベルトで縛るという手もありますが、フィットネスサイクリングであれば最初から絞ってあるものが簡単でいいです。

そしてこの商品が暖パンと言われる最大の特徴は、裏生地がフリースになっていること。

履いた時に肌さわりからして、とっても暖かい商品です。

ブロックテックとして風を防ぐ防風フィルムが入って、裏地がフリースで暖かいというのが特徴のボトムスと言えますね。

ブロックテックとしての防寒性能はとても高い

今日は気温が5℃くらいで、風がとてつもなく強い朝でした。

いつも履いているユニクロの「ドライストレッチスウェットパンツ」だと出発前に足寒いなぁ〜と感じるところです。

ところが「ブロックテックウォームイージージョガー」を履いて外に出ると、全く寒いと感じませんでした。

重量としてもかなり軽いのに、防風+保温という部分ではすごい性能だと思います。

1月に雪の中でサイクリングした日や、氷点下だった日にこれを履いていたら、かなり快適だったかもしれません。

スポンサードリンク

ブロックテックウォームイージージョガーでサイクリングした感想

実際に27kmほどフィットネスサイクリングをしてみました。

肌着にヒートテックを着た時のような、不快なほどの暑さや発汗はないとは言え・・・

やはりいつもと比べものにならないほど、下半身全体に汗をかいてしまいます。

そして、裏地のフリース生地が汗で脚にへばりつくような感触があって、少し気持ち悪い部分がありました。

足を回す時にそれがちょっとした抵抗に感じることもありますしね。

ウォーキングくらいの足の動きでしたら、このあたりも気にならないとは思います。

ですが、蒸れるんだよー!と文句を言う人は出てくるんじゃないでしょうか?

そして、帰宅した時にいつもと違っていたのは・・・

下着のボクサーパンツまで汗でびっしょり濡れていたことです(汗

サイクリング中に喫茶店に入ったりするのであれば、下着に吸汗速乾性の高いものを採用する必要がありそうです。

防寒性能と吸汗速乾性とどちらを取るか?

雪が降ったり、氷点下の状態で無理してサイクリングに出るときは、防寒性能の方が欲しいと思います。

そういったときは、ブロックテックウォームイージージョガーはかなり有効なアイテムです!

そんな寒すぎる日にフィットネスサイクリングをするのであれば、途中で喫茶店に寄ったりはしないでしょうしね(笑)

もし、サイクリング中に自転車を止めて何かをする予定があるのであれば、下着の替えか、吸汗速乾性機能が高いものを着ていく必要があります。

本当に下半身に汗をかきますよ!これはガチです。

私個人としては、一定の寒さを超えて防寒が優先される時以外は、やはり吸汗速乾性をとるべきだと思っています。

ですから、私のメインで使うボトムスは、「ドライストレッチスウェットパンツ」になりますね。