さあ自転車をやるぞっ!と決心するまでに、いろんなことを考えました。

インターネットの検索で調べたり、友人知人に聞いたり、病院の先生に相談したりですね。

正直、自転車に関してはほとんど興味がありませんでした

以前勤めていた会社でしばらく同僚だった方が、同じように糖尿病で悩んでいらして、時間があれば自転車に乗って体を動かしているということを知っているだけ。

乗っている自転車を見せてもらって、かっこいい!とは思いましたが、お金かかりそうだしいいや・・・と思っていました(笑)

そもそも大学生の頃が、最後に自転車(ママチャリ)に乗ったタイミングだと思います。

もう20年以上自転車にまたがってないですから、自転車そのものを楽しもう!なんて思うはずもなく(笑

スポンサードリンク

ダイエット運動としての自転車の評価

「自転車 ダイエット」などとインターネットで検索してみてください。

膨大な量のページが出てくると思います。

実際に成功した人や理論として絶賛する人、絶対に痩せないと言い切って反論している人。

ロードバイクを買って趣味として自転車に乗っている人のブログは、意識してなかったけど、いつの間にか、ごっそり体重が減ったよ!という記述が多いです。

逆に否定的な人は、十分な運動強度が維持できないので歩く方が良いという意見や、中には自転車に乗ると食べ物が美味しくなって前より太るという人も・・・

極端な意見は考えないことにして、わたしとしては自転車は正しく乗ればダイエット効果があるのではないか?という結論に達しました。

病院の先生が勧めているのもあるし、自転車のギアなどを作っているシマノ(釣り具とかの方が有名なんでしょうか?)のサイトでも自転車の効果を説明してくれています。

正しく乗れば効果があるのでは?としっかり思える情報がいっぱいあったからですね。

それと、もし自転車を趣味として考えられる自分に変われたらイケる!と勝手に思い込んでいます(笑

有酸素運動として選ぶ自転車

わたしの場合は内臓脂肪の方がより問題になりますので、有酸素運動が大前提です。

本当はウォーキングが一番お金もかからず良さそうなのですが、膝が心配なんですよね・・・

病院の先生からも膝を痛めたりしてない?と聞かれるくらいなので、何も考えずにウォーキングを始めるとすぐに痛めそうです(汗

しっかりとしたスポーツ自転車、ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどではギアが細かく変更できます。

上り坂でも軽いギアに変更すれば、そこまで思い荷重がかからずに登れるらしいです。

その代わりたくさんペダルをこがないといけないみたいですが・・・これは本当に初めてからじゃないとわからないですね。

ただ、このペダルをしっかりたくさんこぐというのは、有酸素運動としてはとても優れているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

基礎代謝の向上を狙う自転車運動

筋肉を適度にトレーニングさせることによって、基礎代謝が向上するといわれています。

特に太ももなどの大きな筋肉を鍛えると基礎代謝向上に効果が高いと言われていますよね?

ひと昔前に乗馬運動をする機械が流行していましたが、まさしくあれと同じ効果が狙えると思います。

安易な食事制限をすると基礎代謝が下がってしまって、長期的には不利になると言われていますので、筋肉をつける方向でチャレンジする方が良いのではないでしょうか?

将来の資産になるかもしれない自転車

ジムで自転車マシン(?)でエクササイズするわけですから、それに実際の風景の変化や風の感覚が伴うなら、なんとなく続けられそうな気がしませんか?

ジムだと年間で10万円以上かかると思います。

これは本当に使い捨てのお金になりますよね?

この金額を健康的な趣味に変わるかもしれない自転車に突っ込むと、いろいろ楽しい未来があるのではないかなぁ。

今はまだ小さい息子と、いつの日か一緒に自転車で走り回ってたりして・・・

そういう未来もあるのかな?と思うと自転車を続けられそうな気がしています。

本当に趣味になってくれるかわかりませんが、チャレンジしたい気持ちが強まっています。