週間天気予報を見ると、今週は今日しか自転車に乗れなさそうな気配。

初めての自己メンテナンスをした後でしたから、今日は朝のサイクリングをしてきました。

キレイになったチェーンで走ってみたいと思うのは、わたしだけじゃないでしょう(^^)v

ところが今日の気温は3℃くらいで、ここ最近では間違いなくダントツの寒さ!

6℃くらいの気温では既に走ったことがあって、結構寒いなぁ~と思っていたのですが、今日は本当に別次元でした(汗

そこで今日は、一応ね・・・と言う気持ちで持ち歩いていたネックウォーマーをついに装着です。

走り終えて帰ってきたときの感想は・・・

これ、5℃以下の寒い日はネックウォーマー無しじゃぁ走れないんじゃね?いや、走りたくないねっ!

こんな感じでした(苦笑)

スポンサードリンク

5℃以下のサイクリングは冷え方が違う

今日は3℃でしたが、これから1月、2月にかけてもっと寒くなると予想できますね。

以前にも書きましたが、普段着サイクリングを心がけていますので、現在はユニクロで買ったインナー、トップス、アウターの3枚構成です。

しかもインナーは吸汗速乾性重視のエアリズムのメッシュを着ているので、防寒着としてはとっても心もとないですよね。

ところがこの服装でも、4kmくらい走っていると、いつの間にか身体が暖まって寒さがあまり気にならなくなるんです。

これは5℃以下でも同じでした。(氷点下だと厳しいのかも・・・)

そんなわたしでも、今日は手先と足先、首元、耳がむちゃくちゃに冷えてとても辛くなりました。

わたしの場合は、手先と足先はまだ我慢できますが、首元と耳はちょっとシャレにならない感じで・・・

初めて寒さのために引き返そうかと思ってしまいました。

リュックの中にネックウォーマーを入れていることに気が付かなかったら、引き返していた自信がありますよ。

ネックウォーマーを装着して走る時の注意点

今日は初めてネックウォーマーを装着して自転車に乗ったんです。

最初は何も考えずに装着していたらかえって寒くなりました(汗

自転車に乗っている時って、運動しているわけですから、基本的に口でハァハァ呼吸しているわけですよ。

ですから寒いからと言って、口までネックウォーマーに入れてはいけません!

上の画像のように、口元をギリギリ出している状態で走りましょう。

いいですか?

これを守らないと、ネックウォーマーの中が湿ってとっても寒くなります!

しかもアイウェア(サングラス)がとっても曇りまくるというオマケ付き。

寒さが増したうえに、走りにくいという・・・

口元が寒いのは我慢するしかないですね。

ちなみにわたしが装着しているネックウォーマーは、どこかのホームセンターで400円位で買ったものですが、とっても暖かかったです。

スポンサードリンク

ネックウォーマー装着のうれしい追加効果

何度も書きますが、今日は本当に寒かった・・・

なので、どうにかして耳を守ろうとしてネックウォーマーの後ろ側をなるべく引き上げてみました。

そうすると、なんとか耳たぶだけはネックウォーマーの中に入れられる感じです。

まあ、これ以上耳をカバーさせると必然的に口元がずり上がって行き・・・

上で書いたような口元びっしょりで余計に寒い!ということになってしまいます。

なので耳たぶが隠れるくらいで我慢するのが一番いいんじゃないでしょうか?

この画像を見て、あまり耳が守れないなぁ~と思うでしょう?

ところが耳たぶを暖かくしているだけで、かなり耳の冷えが気にならなくなりましたよっ!

これはわたしだけなのかな?でも体感でそう感じました。

自転車はヘッドホンやイヤホンの使用が基本的には禁止されています。

直接名指しで禁止ではないのですが、周りの音がしっかり聞ける状態じゃないと安全運転義務に違反しますよーということらしいんです。

なのでイヤーウォーマーというか耳あて?は使用していいのかどうか微妙だなぁという気持ちがあります。

音楽を聴くわけでもないので、法律、法令的には問題ないかもしれませんが、なんとなくですね(汗

ですから耳あては導入しないでなんとか・・・と思っていたわたしとしては、思ったより耳が快適だったのでうれしい誤算でした。

本日の運動内容

走行距離:26.49 km

走行時間:1:20:34 h:m:s

平均速度:19.7 km/h

最高速度:32.2 km/h