小雪が舞う寒い日・・・

そんな日でも雨が降らずに路面も濡れていなければ、冬のフィットネスサイクリングには貴重な出撃可能なシチュエーションです。

特に今日はサイクリングに出発した後で雪が降り始めましたので、戻るのも悔しいと思って走りました(笑)

スポンサードリンク

雪が舞う日はアイウェアを絶対準備しよう

寒さより目のダメージが辛い

雪が舞う日は基本的には風も強いことが多いですね。

冬に強い風が吹いていると、自転車をこぐ時に目の乾燥がものすごく気になります。

そして雪が舞っている日にはさらに、雪が目を直撃して痛い!と感じます。

これはまだ経験していない人には想像もできないほど、ものすごい不快感があるんです。

フィットネス運動として爽快感を感じるために走っているのに、とってもイライラしてしまいますよ(苦笑)

以前の記事でも書きましたが、初心者でもスポーツ自転車に乗ると20km/h以上簡単に出てしまいます。

ですから目を風や異物から守るのはとっても大事ですから、ぜひアイウェアの導入をお勧めします。

転倒時の怪我の防止にも効果がありますしね。

始めたばかりでちょっと投資しづらいという場合は、普通のサングラスでもかなりの効果がありますから装備してみてください。

ガラスだと転倒した時にちょっと危険かもしれませんけど・・・

スポーツサングラスなどがお勧め

転倒した時にガラスだと危険だな・・・というのもあるのですが、サイクリングで使うアイウェアはやはりスポーツやアウトドア用のサングラスがお勧めです。

特に偏向ガラスのものや、用途に応じてレンズが交換できるものが良いですね。

なぜかと言うと、悪天候の時には周囲があまり明るくないことが多いからです。

ですから目を雨や雪から守るには透明なレンズが良いということになります。

わたしはアイウェアを導入してから、常にクリアレンズをはめたままにしてますよ。

後は、もし万が一自転車でこけた時に、ヘルメットとアイウェアで頭部や顔を守りたいわけですので、ガラス製じゃなくてポリカーボネイト製の安全なものが良いことになります。

スポーツ用のもので度付きじゃないものは、ほとんどがポリカーボネイト製ですから一つ用意しておく方がいいと思います。

ちなみに、わたしが購入しているのはOGK KABUTOのBinato-5というモデル。

わたしのように大きな顔でも余裕でフィットしてくれるとても使い易いアイウェアです。

普段着サイクリングで気をつけること

初心者で始めたばかりの頃は、正直、サイクリングウェアをしっかり購入している人は少数派だと思います。

わたしも始めてから3ヶ月目ですが、普通に普段着でやっています。

普段着というか、フィットネスらしく運動する服装ですね。

スポンサードリンク

厚着し過ぎないことが重要

サイクリングでしっかりとペダルを回すことに注意していると、どんなに寒くても汗をしっかりかきます。

今日は雪が舞って寒い日でした。

多分気温は2℃以下だったはずです。

山に向けて走りますから、ひょっとしたらもっと低かったかも・・・

それでも上半身は下着、トップス、アウターの3枚しか着ていないのに、帰宅した時には汗をしっかりかいていました。

上の写真は、家に帰り着いてから濡れた自転車をサッと拭いた後の状態です。

ですから自転車を降りてから10分弱くらいですが、しっかり汗で濡れているのがわかると思います。

出発する時は、ちょっと寒いくらいの装備で十分だと思います。

わたしの場合は、3kmくらい走ると身体が暖まって薄着は気にならなくなります。

インナーは吸汗速乾性で選ぶ

上の写真でわかるように、しっかりとペダルを漕ぐことで汗をかきます。

ということは身体が汗で濡れますので、ペダルを漕ぐのをやめるとかなり寒い状態になります。

今日は雪の状態の写真を撮ったりしましたから、何回も止まっていました。

そうすると、当然、写真を撮っている間に身体が冷えて「寒いっ!!」ということになります。

サイクリングの途中で一休みして水分補給などを考える場合は、止まった時の寒さに対応しないといけません。

その時に一番重要なのが、インナーは吸汗速乾性の高い素材のものを選ぶことです。

汗を吸って一枚上のトップスに汗を移してくれる感じですね。

もしインナーに、暖かいけど吸汗速乾性があまり無いヒートテックなどを着ていたら、汗の冷たさで寒くてゆっくり休めないと思いますよ。

もしヒートテックをどうしても着ないとダメだ!という人は、その内側に一枚、吸汗速乾性の高い下着をつけるといいんじゃ無いでしょうか?

わたしはユニクロさんの、エアリズムのメッシュタイプを愛用しています。

アウターは撥水性を考慮に入れよう

アウターにはウインドブレーカー的なものを採用するのが一番いいと思います。

理想は、吸汗速乾性と内側からの湿気を逃がす機能、外からの濡れを撥水する機能があるものがいいですね。

雪が舞っている中を走っていると、雨が降っている日ほどじゃないにしても、かなり水滴が付着します。

ですから撥水性だけはしっかり考慮してくださいね。

わたしはユニクロのブロックテックパーカーを愛用しています。

ブロックテックパーカー商品タグ裏表記

重量が軽くて雨風に強いものとしては、登山用の高価なものが一番しっくりくると思うんですが、本当に高いですからね・・・

しかもわたしのように超メタボ体型だと、自分に合うサイズがないと言う・・・

その点では、ユニクロのブロックテックパーカーは4XLまであるのでかなり重宝します。

2016年のモデルは11月後半くらいから大きいサイズがずっと売り切れ状態でした。

みなさんかなり使っているのでしょうね・・・

ですが!みなさん!!

今日オンラインストアを見ると、2017年モデルが発売になって全サイズが注文可能になっていました!

今回は重量がさらに軽くなったみたいです。

発見した時に、速攻1着注文しました。

普段着サイクリングならこれを試してみてください!後悔はしないと思います。