雨が降る状況が続いて、今日は4日振りの自転車でした。

出発する前に、いつものようにタイヤに空気を入れようとしたら4日放置しただけでむちゃくちゃ空気が抜けていてびっくりしました。

やっぱりポンプはいいものを買って、こまめにチェックしないとダメですよ?

特にわたしのような重い(体の大きな)人はね!

空気圧を上限に近いところで乗ってますから、抜けるのも速いのでしょうか。

4日振りというだけじゃなくて、昨日飲み会があったものですから、必要以上に身体が重く感じて辛かったですね・・・

ただし、今日はようやく届いた秘密兵器のおかげで、いつもより快適なサイクリングができました。

スポンサードリンク

目へのダメージが気になり始めた

最初の2回のサイクリングでは、まともに走ることに必死で気にならなかったんですが、少し慣れてくると自転車に乗っている時に目にダメージがあることに気がつきました。

街乗りで買い物に行くときなんかはそこまで気にならないのですが、フィットネスとして車道を爆走(?)している時はかなりスピードが出ています。

今現在、一番気持ち良く走れるのは、時速23〜25キロくらいの速度です。

結構速いんですよ。

わたしが使っているギアは27段のうち、10段から18段。
(まだ慣れないので左側ギアは真ん中に入れたままです。)

つまり、もっと慣れている人だとクロスバイクとは言え、平坦な道だと時速30キロは優に越えると思います。

この速度だと目へのダメージが気になるんです。

大きく分けて下の3つが特に気になります。

虫や砂・ホコリなど

田舎の道を走っていると、どうしても虫が目の前をよぎることがあります。

また風が強い時は砂やホコリなどが舞っていますし、小石が車から跳ねて飛んでくることなんかもあります。

一度、虫が目に入ってコケてしまいそうになりましたから、目への異物の侵入は是非とも防ぎたいところです。

個人的には一番気になるのが、目への風の影響ですね。

ただ走るだけでも風を切って走りますから、目が乾燥するんです。

その上、今採用しているコースでは、コースの半分以上がほぼ向かい風になりますので、目への風当たりが半端ないんです(汗

目が乾燥してきてから、さらに目を凝らしながら走っていると、なんだか必要以上に疲れてしまっているような気がしてきます。

雨粒

雨の中では走らない!!と固い決意をしていますが、出発してから降り出すのは100%防ぐことは難しいですよね。

雨が降ってきてイラっとしながら急いで帰ろうとするんですが、この雨粒がまた目への異物になってしまいます。

もう本当に走りにくいです・・・

スポンサードリンク

アイウェアの導入で快適性を上げる

この目へのダメージを感じた時に、初めて納得したのが、ロードバイクでカッコよく走っている人達がほとんどみんなサングラスをしていること。

あれは本当に必要に迫られてやってるんだと、本当に心の底から納得しました。

自転車が趣味の領域まで行ってなくて、フィットネスの運動としてやろうと思っている、わたしのような立場だと、あのサングラスは本気に見えすぎて恥ずかしいと思うところもあります。

ですが快適にフィットネスをする、運動そのもの以外に気になる部分を排除するという意味では、アイウェアの導入は必須じゃないかと思います。

今から始める人に相談されたら、買った方がいいものとしてかなり高い価値を伝えると思います。

ロードバイクでバリバリ走っている人のブログなんかを見てみると、上の3つ以外に紫外線対策だとか転倒した時に顔や目を守る機能も期待して装着しているようですね。

今回採用したアイウェア

今回、わたしが採用したアイウェアは、「OGK KABUTO」さんの「Binato-5」というスポーツサングラスです。


ESCAPE RX2と一緒に買ったヘルメットのメーカーさんが販売しているものなので、なんとなく信頼できると思いながら買ったものです(笑)

正直、11月のわたしの走るコースだと紫外線対策は、ほぼ必要ありません。

それよりは視界に色がつかないクリアガラスのものを探していました。

本当は日曜大工の時に目を守るような適当なものを買おうと思っていたんですが、自転車でコケた時のことを考えるとなんだか怖くなりまして・・・

自転車のヘルメットを作ってるメーカーだと、コケた時にいい感じに壊れてくれる(笑)のではないかと思いました。

それにこのスポーツサングラスはシチュエーションに合わせて3色のレンズを自分で装着できるので、オールシーズン使えるのではないかと。

一番便利なのは偏光レンズが付いている、値段がお高いものでしょうが、1万円以上の出費はちょっと・・・

第一、まだまだ数年間ずっとサイクリングを続けているかわかりませんもの(弱気

今日はクリアレンズをつけた状態で走ってみましたが、とっても快適でした。

目元の風が気にならなくなると、自転車をこぐ運動そのものにすごく集中できるので、今までより少し楽しい気持ちが増してきた気がします!

今、自転車をフィットネスとして乗っている人でアイウェアを採用していない人がいたら、ぜひ導入してみることをお勧めします!

本日の運動内容

走行距離:23.50km

走行時間:1:14:17 h:m:s

平均速度:18.9 km/h

最高速度:31.8 km/h