スポンサードリンク

春先から初夏にかけて、とても気分よくサイクリングができる季節になります。

風が吹いていない天気の良い日は、むしろ暑いと感じるくらいですね。

景色も色付いてきますから、サイクリングをしている間にちょっと自転車を止めて景色を楽しんだりすることが多くなります。

特に、私のように普段着サイクリングを心掛けている場合は、いろいろなところに立ち寄り放題なのがいいところです!

ただし、汗がダラダラ、汗に塗れまくった状態では、ちょっと恥ずかしいですよね?

そこで普段着サイクリングで頼りまくっている、ユニクロさんのドライEXシリーズで全身揃えてサイクリングしてみました。

普段着サイクリング用に揃えたドライEXシリーズ

今回は汗対策がメインテーマなので、吸汗速乾性をうたっているドライEXシリーズで揃えてみました。

カテゴリー的には、ユニクロスポーツになります。

最近ではフィットネスサイクリングで何かの装備が欲しくなったら、すぐにユニクロスポーツで探す癖がついてしまいました(笑)

ユニクロ ドライEXフルジップパーカー
ユニクロ ドライEXフルジップパーカー

出典:http://www.uniqlo.com/jp/

ユニクロ ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ
ユニクロ ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ

出典:http://www.uniqlo.com/jp/

ユニクロ ドライEXVネックT
ユニクロ ドライEXVネックT

出典:http://www.uniqlo.com/jp/

上半身は、ドライEX VネックTにドライEXフルジップパーカーの2枚。

下半身は、他社の格安なボクサーパンツに、ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツです。

ちなみにパンツの画像はオリーブ色ですが、私が装備して出たのはNavyです。(念のため

サイクリングで実際に汗対策として使ってみた感想

スポンサードリンク

実際に走った日は、最高気温24℃、最低気温16℃なとても天気が良い日でした。

朝の8:30から10:00位の時間に走りましたから、気温も20℃近くまで上がって暑さを感じるくらいですね。

ですが、やはりまだ5月初頭くらいだと日陰はかなり寒くなります。

ですので本当の真夏に入るまでは、ドライEXフルジップパーカーでいいのかな?と思いますよ。

参考記事:ユニクロのドライEXフルジップパーカーを春の自転車で使ってみた

上半身の感想

以前の記事では、中にエアリズムのメッシュタイプを着ていると書きました。

ですが、これとフルジップパーカーのセットだと正直寒すぎるんです(汗

汗がものすごく早く乾くのでお気に入りなんですが・・・

さすがにあれをTシャツ代わりに使うのには抵抗があります。

ですから今回は、ドライEXのVネックTシャツを導入しました。

 

結果として、導入は正解ですね!

エアリズムよりも肌触りが良くて暖かい感じです。

いろいろな柄があるので、パーカーの前を開けてもおかしくないのが良いです。

自転車で風を切って走る分には、汗の乾きはとても早いです。

あえて汗シミが目立つGrayを選んだんですが、風が当たる前側はほんとに汗シミに気が付きませんでした。

(後で帰宅直後の汗シミ写真を載せます。)

下半身の感想

これからの季節は、脚にもかなり汗をかくことが考えられます。

ですから今回は、パンツもドライEXを使ってみました。

ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ・・・

とっても長い名前なんですが、このウルトラストレッチという言葉に嘘偽りはなかったですね!

 

特殊生地のパンツって、生地自体が弱かったり動きにくく引っかかったりするものが多かったんですよ。

ですが、このパンツは自転車のペダリングの邪魔には全然なりませんでした。

走ってる最中も、汗で濡れてる感じはほとんどなかったですね。

風を切って走る自転車には、本当にドライEX素材は相性が抜群だと感じます。

帰宅直後の汗シミ写真で考察

走り終えてから7~8分後の写真になります。

ドライEX VネックTシャツの前側です。

ドライEX Tシャツ前面の汗シミ
ドライEX Tシャツ前面の汗シミ

上に着ているドライEXフルジップパーカーが風を通すのもあり、汗シミはほとんど分かりません。

風を切る自転車では、かなり吸汗速乾性が高いですね。

前側はこのまますぐ喫茶店に入ってもいいんじゃない?と思えるほど(笑)

リュックサックの肩ひものところだけは濡れていますが、これはしょうがないでしょう。

リュックサックは、この3分位前に下していますからね。

次は後ろ側。

ドライEX Tシャツ後ろ側汗シミ
ドライEX Tシャツ後ろ側汗シミ

キレイにリュックサックの部分だけ濡れています。

これ、多分リュックサックなしで走ると、汗シミは出来ないんじゃなかろうか・・・?

今度試してみたいですね。

 

で、ですね・・・

この汗シミ写真を撮っている時の、私の汗の具合を撮ってあります(笑)

ブサメンの額の辺りの写真です。

写真撮影時の額の汗

結構、汗でテカテカしていて、まだ汗がドンドン出てきている状態です。

何が言いたいかと言うと・・・

これだけ汗をかきまくってるにしては、Tシャツの濡れ具合が少なすぎませんか?と言うことです。

自転車でサイクリングをする時は、ドライEXシリーズを使うとそれだけで汗対策になるんです!

汗対策としてのドライEX導入まとめ

今回は、ユニクロさんのドライEXシリーズを全身に装備してサイクリングをしてみました。

さすが、普段着サイクリングの救世主(私が勝手に言ってるだけ)だけのことはありますな!

自転車をこいで順調に走ってる間は、風を切っていますから、汗は出たらすぐに吸収されて発散されてしまいます。

この感じはサイクリングで使わないとないかもしれないですね。

ウォーキングや山登りで使う時は、風を切るほどの移動速度ではないので、ひょっとするとここまでの吸汗速乾性は感じないかも。

 

ここまで、汗シミが目立たずにサイクリングが出来るのは、正直ビックリでした。

ポタリングなんかで自転車に乗るときは、ユニクロさんのドライEXシリーズでコーディネートすることで、とっても幸せになれます。

立ち寄ったら、まずは汗をしっかり拭いて・・・

というステップを踏まずに、即効お店に突撃出来ますよ!

 

流れる汗の対策としてドライEXシリーズでのサイクリングはアリ!です。

このまま夏はドライEXハーフパンツとドライEX Tシャツでいいんじゃないだろうか・・・