スポンサードリンク

糖質制限をストイックにやっていると、とろみ付け用の片栗粉や小麦粉が問題になってきます。

なので麻婆豆腐もちょっと食べにくいメニューになってしまうんですよ・・・

麻婆豆腐の素や、レトルトも当然とろみ付け前提のものになっていますよね?

そこで、今回は料理に不慣れな私でも作れそうな、レンチンレシピの糖質制限用麻婆豆腐を試してみました。

実際に試した糖質制限用の麻婆豆腐レシピ

以前、レンチンの蒸し鶏にチャレンジしてみましたが、その時にレンチンなのに結構美味しかった味にビックリしました。

参考記事:糖質制限の鶏肉メニューレンチン蒸し鶏は本当に簡単に作れるか?

ですから今回も、思いっきりそのレシピ本で調理してみます!

実際の説明文などはもっと詳しく書いてありますので、もしやってみよう!という方は、このレシピ本を是非買ってあげてくださいね。

オリジナルレシピの糖質量は一人分4.6gで、2食分の量ですから全部で糖質9.2gです。

とろみ付けなしの麻婆豆腐レシピ(自分なり)

本来のレシピは、木綿豆腐に豚ひき肉、セロリ、赤パプリカの4つを具にしています。

ですが私、そこまでセロリが好きじゃありません!(キリッ

それにセロリって結構、お高いのですよ・・・

ですからセロリを無くして、赤パプリカを倍量使っています。

とにかく簡単さ・気軽さ重視です!

  • 木綿豆腐 – 200g
  • 豚ひき肉 – 100g
  • 赤パプリカ – 1/2個

具材はこの3種類だけ。

 

それで、このレシピのキモは次の味付けダレだと思います。

自分では全く思いつかないものです(汗

  • 豆板醤 – 小さじ1/2
  • 八丁味噌 – 大さじ1
  • 白ワイン – 大さじ1
  • ごま油 – 小さじ1
  • にんにくすりおろし- 小さじ1/2(レシピ本では少々)

普通の麻婆豆腐だと、豆板醤やしょう油などで、八丁味噌や白ワインは入ってないですよね?

この辺が、とろみが無くてもおいしく食べれる秘密なんでしょうか?

ちなみに八丁味噌は、豆から作られた味噌なので、米や麦から作られる他のものより糖質が少ないために使ってあるんだと思います。

とろみ無しの麻婆豆腐に実際に挑戦

スポンサードリンク

糖質制限用にとろみが無くてもおいしく食べれるという麻婆豆腐の実作業を、実際の写真付きで紹介します。

といっても、難しいところはまったくありませんが・・・(笑)

具材の準備

まずは木綿豆腐200gですね。

今回は面倒なので、400gの豆腐を買ってきて上下に2分割して片方を使います。

(美味しかったらそのまま2回目に使えますからね。)

赤パプリカは半分に切って、ヘタと種を取り除いて5mm角に刻みます。

豚ひき肉100gと一緒に3種類を並べた感じがこれです。

糖質制限用麻婆豆腐の具材画像

これ、本当に時間かかりませんよ?

赤パプリカを刻む時間だけですもの。

味付けダレの準備

上に書いたレシピ分の調味料を小皿に入れるだけです。

今回作ったものの、量のバランスを見てもらうために、混ぜる前の状態を見てもらいましょう。

糖質制限用麻婆豆腐味付けダレ画像1
クリックして拡大

これをしっかりと混ぜ合わせておきます。

糖質制限用麻婆豆腐の味付けダレ完成画像

豚挽き肉に味付けダレを合わせる

このレシピ本の特徴である、Ziplocの保存容器内で豚挽き肉と味付けダレを混ぜ合わせます。

まずは思いっきりよく、豚挽き肉の上に味付けダレを全部投入!

糖質制限用麻婆豆腐ステップ1

そして混ぜ合わせます。

糖質制限用麻婆豆腐ステップ2

ここは、かなり真剣にしっかり混ぜ合わせた方がよさそうです。

レンジ調理のみなので、ひき肉にしっかり味がなじむかどうかがここで決まりそうですから、注意してくださいね。

赤パプリカをさらに混ぜ合わせる

ここに5mm角に刻んでおいた赤パプリカを投入して混ぜ合わせます。

糖質制限用麻婆豆腐ステップ3

レシピ通りの分量でやると、かなり混ぜ合わせるのに苦労します。

ひょっとしたら、もう少し白ワインを増やした方がいいのかもですね。

赤パプリカ込みで豆腐にかけるソースを作るくらいの気持ちで、しっかり混ぜ合わせましょう!

最後に豆腐投入

豆腐以外の具材が良く混ざったら、豆腐を投入します。

どーーんっと乗せちゃいます。

糖質制限用麻婆豆腐ステップ4

レシピ本では、ここからヘラでひと口大に切って軽く混ぜると書いてあるんですが・・・

これとっても難しい(汗

やっぱり味付けダレがもう少し水っぽいというか、柔らかくないと厳しいです。

今回は初めてのチャレンジなので、もう開き直りです!

豆腐が砕けても納得するくらいに混ぜ合わせました(笑)

味が回らない方が嫌だったのです。

糖質制限用麻婆豆腐ステップ5

全てを混ぜ合わせたら電子レンジ調理開始

全部混ざったら、このレシピ本の特徴である、電子レンジ調理です。

糖質制限用麻婆豆腐ステップ6

画像のようにフタを斜めにずらして電子レンジに入れます。

電子レンジは600Wで4分です。

ですが、今回試した限りでは、もう30秒ほど時間を足した方がいい感じでした。

最後に混ぜて馴染ませて完成!味は?

電子レンジで暖まったら、すぐに混ぜ合わせて馴染ませたら完成です。

糖質制限用麻婆豆腐ステップ7

とっても簡単!

赤パプリカを刻む手間だけですから、調理時間は電子レンジの時間を合わせても10分かからないですね。

これは2食分の分量らしいです。

今日は野菜サラダと一緒に食べたんですが、確かに半分くらい食べたらもう満足なくらいの分量です。

結構、肉肉してますので、満足度は高いですよ。

 

ただし・・・

糖質制限用麻婆豆腐スプーンで

麻婆豆腐的な見方からすると・・・やっぱり普通の麻婆豆腐には、そこまで近くはないですね(汗

とろみの部分をごまかしているということと、レンチンのみという調理方法しばりの2つがありますから、まあしょうがないかもです。

それに、本来のレシピはセロリを刻んだものも入っていますから・・・

ひょっとしたらそっちが麻婆豆腐感を高めているのかもしれないです(汗

 

ただし、レシピの分量より、豆板醤をかなり増量するともっと近くなるかもしれないとは思いましたけどね。

ちょっと否定的にも聞こえる感想でしたが・・・もう一度言いますよ?

肉肉しいので、満足感はとっても高いです。

麻婆豆腐風ひき肉料理と思えばとっても美味しい!(笑)

糖質制限用レンチン麻婆豆腐のまとめ

糖質制限用麻婆豆腐拡大画像

今回は糖質制限中でとろみ付けの片栗粉や小麦粉を使いたくない場合でも、麻婆豆腐っぽいものが食べたいなぁ~

さらに、料理慣れしてなくても電子レンジのみ(レンチン)で調理できるものがいいなぁ~

という条件から、レンチンレシピを試してみました。

調理そのものは、本当に誰でも簡単にできるもので、調味料を揃える手間が気になるくらいですね(笑)

私が初めて作った状態でも、全部が10分位で終わりました。

麻婆豆腐に近づけるためには、もうちょっと調整が必要かもしれませんが、豚挽き肉の味がしっかりしていて、とっても満足感のある料理です。

糖質制限中のメニューに悩んだら、一度試してみることをお勧めしますよ!