フィットネスサイクリングをやってきましたが、

どうせ健康に気を遣うなら食事にもテコ入れをしてみよう!

と思い立って、今日は5日目になります。

5日目にしてようやく身体が慣れ始めたと思えてきました。

ですので今日からまたサイクリングを再開です。

炭水化物をあまり摂っていない状態で、初めてのサイクリングはどうったのか?

そういう情報、感想を共有したいと思います。

スポンサードリンク

糖質制限の実践状況

まずは現在取り組んでいる「やんわり糖質制限」について説明します。

と言うより、今までと何を変えたか?ということですね。

基本的な考え方は、

とにかく糖質を意識して可能な限り少なくすること。

その代わりに、たんぱく質と脂質は今までより多めに摂ること。

この2点をベースに考えています。

カロリーを抑えていた今までより、ものすごく満腹度は高い食事になっています。

いいのか、これで?(苦笑)

朝食の変更点

今までは6枚切り食パンを1枚トーストで食べていました。

飲み物は温めた牛乳をマグカップに1杯でした。

これを今は全てやめています。

基本はハムエッグに納豆

作り置きで作ってあるおかずがあれば、それを少量追加します。

(蒸し鶏などを作っておくと、とっても役立ちます。)

飲み物はインスタントコーヒーをブラックで1杯

昼食の変更点

ありがたいことに、昼食は家で食べることが多いので、一番変更しやすいです。

子供は乳児園、妻は勤め先なので完全に自分のために作ることができます。

基本的には昼食では炭水化物を完全に断ちます。

今までは適当に、うどんやラーメン、焼きそばなどの麺類を適当に作っていたのでちょっと面倒です(汗

この5日間は、麺の代わりに糸こんにゃくなどを使って、基本的には焼きそば的なレシピです。

もやし一袋+肉類100g以上+糸こんにゃく」がベースで、その時にある野菜やおかずの残りを加える感じ。

ただし、焼きそば用のソースは糖質が多めらしいので、醤油ベースか、塩コショウベースで味付けしました。

夕食の変更点

夕食は幼い子供が私の真似をしてしまうので、主食を完全になくすのはあきらめました。

ごはん(雑穀入り)の量を半分くらいにして、納豆を混ぜて量を増やします(笑)

時間がしっかりあって、おかずをいっぱい作れたときは減らしたごはんだけにしています。

夕食での変更点は、ごはんの量を減らしたことくらいですかね。

間食の変更点

あと忘れてはいけないのは、間食の問題。

そう、おやつですよ!(笑)

小腹が空いたときについつい摘まんでしまう、スナック菓子やチョコをやめました。

小腹が空いたときに食べていいものは、糖質が少ないもの。

素焼きのナッツ類、チーズ、あたりめの3つを命綱にして耐えました(笑)

サイクリングをして気が付いたこと

スポンサードリンク

ネットでいろいろと調べてみると、運動をするときにガス欠になる・・・なんて書き込みをしている人が結構いました。

江部先生の著作を読むと、中強度までの運動では糖質ではなく脂質を利用することができると書いてあります。

江部康二 先生
医師。一般財団法人高雄病院理事長。
自ら糖質制限食で肥満と糖尿病を克服。関連著書多数。

 

私がやっている運動強度ごときでは、ガス欠など起こらないだろう!という思い込みでサイクリングに出発してみました(苦笑

ちょっと息がはずむ?

今日のフィットネスサイクリングが5日振りと、少し日程が空いてしまったことがあるため、炭水化物を控えているためかどうかはわかりません。

ですが、なんとなく呼吸がいつもより激しいというか、ハァハァ言う度合いが少しだけ強い気がしました。

糖質制限の考え方で言えば、こうなる方が分かりやすいのかも?

今までは身体にあふれた糖質ベースのエネルギー消費だったのを、脂質ベースに切り替えてるところなはずですからね。

今日は初日なので、もうちょっと糖質制限とフィットネスサイクリングを長い期間併用しないとわからないかもです。

走り終えた後に久しぶりの軽い筋肉疲労

最近はちょっと走ったくらいでは、太ももやふくらはぎに筋肉の疲労を感じたことはありませんでした。

ところが、糖質制限中で初めてサイクリングをした今日は、久しぶりにちょっと筋肉疲労を感じています。

これも5日振りということかもしれませんが・・・

先月までは10日前後空いてしまっても、再開時に筋肉疲労までは感じなかったような・・・

これもまた長い期間試してみるしかないですかね。

身体の軽さ?を感じた

サイクリング中に、もう一つ思っていたのは、

うん?なんか身体が軽い気がするけど??

という感想。

なんとなく、坂道を上がるときの負荷がちょっと軽いような・・・と思っていたんです。

私が採用しているコースは、出発から折り返しまでが、アップダウンはありますが基本的には山に向けて上っていくコース。

参考記事:サイクリングに飽きないためにStravaでフィットネスログを!

上で書いたように、いつもより息がはずむ気がするのに、なんだかペダルが軽いような・・・という感覚。

これについては、家に帰ってから体重計に乗って理由が分かりました。

なんと糖質制限を始める前日、前回のフィットネスサイクリング後の体重から1.6kgも減っていました。

参考記事:メタボ解消の自転車チャレンジ:3月まとめ(5ヶ月目)

今日の体重計の数値は98kgと、ここ数年見たことがない数値。

糖質制限中のフィットネス運動(サイクリング)まとめ

今日は、人生で初めてチャレンジし始めた糖質制限中の、初めてのフィットネスサイクリングでした。

両方を併用するのは初めてですし、糖質制限についてはネット上でも激しい論争が繰り広げられています。

それだけに、少し恐怖心を感じて出発したんですが・・・

1時間20分、27kmのサイクリングくらいでは、明らかな違いは感じませんでした。

ちょっと息がはずむ?

軽い筋肉疲労が久しぶりに来た?

これらは、問題視するほどのことではないですし、むしろ久しぶりにサイクリングをしたからかもしれないくらいです。

とりあえずは、併用初回のサイクリングが無事終わりました。

これからは糖質制限とフィットネスサイクリングを併用して健康作りに励みたいと思います。