スポンサードリンク

5月に入ってくると気温が上がってきて汗に悩むことが増えてきませんか?

ましてや、当ブログを見ていただいている方は、肥満・メタボ体型・デブと言われている方が多いかもしれませんので・・・

普通の人以上に汗に悩んでいますよね?

・・・ですよね?

きっと私だけじゃないはず!(多分、きっと・・・(弱気

この汗にまつわる悩み事が、メタボ改善の努力でなんとかなるのかというのを考察してみました。

肥満やメタボと汗っかきの関係とは?

汗っかきの肥満男性イメージ

もともとインターネットなどの情報では、

デブは汗っかきで汗臭いからいやだ・・・

なんてことがさかんに発言されていますね。

デブバッシングのようなこの発言は、同じように大きな体を持つ私には他人事ではありません(汗

そして、自分としても他の人より汗をかいてるんじゃないだろうか?と思えることもあります。

私はデブだから、汗も出るんだよ・・・と自覚症状がある方、きっといると思います。

そんな状況は以下のものから発生しているそうですよ。

分厚い皮下脂肪が原因その1

もともと人間は、ちょっと動いただけでも体内に熱が発生します。

この発生した熱を汗などを使って身体の外に出して体調を管理しています。

ですが、皮下脂肪がたくさんあると熱を逃がしにくくなるために、とっても頑張って熱を外に出す必要があります。

このとっても頑張って・・・の部分が、「汗を大量にかく」という現実を引き起こしているんですね。

さて、この皮下脂肪がたくさんあって分厚い状態とは・・・

そうですね、肥満なんです(汗

内臓脂肪が原因その2

肥満の原因として、女性は皮下脂肪、男性は内臓脂肪を良く指摘します。

そしてメタボ改善がしたいという私のようなタイプでは、皮下脂肪よりむしろ内臓脂肪の方が大問題なことが多いですね。

メタボ認定の条件には腹囲もありますが、内臓脂肪が増えることによる高血圧や高血糖、高脂血症なども条件なので、内臓脂肪型肥満の方が多いと思います。

この内臓脂肪は、皮下脂肪と比べて、体内の熱の発散には関係ないじゃんっ!と思いがちなんですが・・・

実は関係があるんだそうですよ?(汗

内臓脂肪が多い状態だと血液がサラサラな状態ではないので、毛細血管の動脈硬化が起きやすくなるんですって!

毛細血管の動脈硬化は皮膚の血流を滞らせるので、結果的に皮膚からの放熱を妨げてしまうんだそうです(滝汗

そしてこの放熱をまかなうために、普通よりたくさんの汗が出ると。

内臓脂肪型肥満、恐るべし・・・

メタボ改善の努力が汗の悩みを解決するかも

スポンサードリンク

肥満と汗の関係を少し見てきましたけども、肥満の原因である2種類の脂肪が強い因果関係を持っているということでした。

メタボ改善のためにすることと言えば、肥満解消、特に内臓脂肪への対処が大きな目的になります。

そうするとメタボ改善のためにする努力は、そのまま脂肪が原因の汗への対処法として正しく作用してくれると言えますね。

メタボ治療で取り入れる有酸素運動の利点

メタボ関連の運動療法として、最も一般的なものは、有酸素運動ですね。

脂肪を燃焼するには、20分は燃え始めるまでの時間なので30分以上継続してやってね・・・

なんて言われているやつですね。

※ 有酸素運動は、息を止めてやる強い運動(無酸素運動)とは違いますので注意を!

私の場合は、すぐ無酸素運動になりそうなので、サイクリングで一定のペース・距離を意識してやっています。

参考記事:メタボ解消の自転車チャレンジ:6ヶ月目1500km突破まとめ

きちんとやれば、腹囲が実際に減ってきているので、内臓脂肪はかなり減ってきていると確信しています。

内臓脂肪が減る有酸素運動は汗の量を改善する理由にはなるでしょう。

有酸素運動の追加効果が見込めるかも?

有酸素運動の利点として、脂肪酸というものを燃焼することがあげられています。

この脂肪酸というのは、上の方で書いた、毛細血管の動脈硬化に関係しています。

ですがもう一つ、脂肪酸は汗臭さにも関係していると言われているそうです。

ですから汗の量だけでなく、汗の臭いについても改善することになるかもしれませんよ!

私自信、今のところはあまり変化に気がついていませんけどね(汗

汗っかきの改善は有酸素運動でできるかも?まとめ

有酸素運動イメージ

肥満とは、基本的に皮下脂肪、内臓脂肪が多すぎる状態ですね。

普通の人よりも汗を大量にかきやすい理由として、この皮下脂肪、内臓脂肪が大きい役割を担っていることが分かっています。

そして、メタボ改善のためにやることは、ダイエットや内臓脂肪を減らすことです。

その中でも一般的なものは、なんと言っても有酸素運動!

この有酸素運動は、内臓脂肪を減らし、ダイエット(皮下脂肪も減らす)が出来るために、肥満が原因の汗っかきには効果が出ると言えます。

また、有酸素運動で燃焼できる脂肪酸は、汗の臭いにも関係しているので、汗の臭いにも好影響を与えると思われます。