スポンサードリンク

メタボ解消して血糖値をもっとどうにかしたい!

そう思って、数冊の本やレシピ本を見て適当に始めたのが糖質制限でした。

ほぼ独学で、本当にやり方が合っているのかなあ?と不安になりつつも、現在3カ月を超えて継続中です。

ここまでの3カ月を振り返ってまとめ記事にしました。

とりあえずまずは結果を見せろ!という方へ

ブログを読んでくださっている皆さん、とっても忙しい中、訪問していただいていると思います。

ちゃっちゃとまずは結果を見せてみろ!という方もいらっしゃいますよね?

安心してください、まずは体重変化の結果からどうぞ!

糖質制限初期3カ月半の体重変化
糖質制限初期3カ月半の体重変化

糖質制限をやり始めて3カ月で、体重が 7kgの減少となっています。

3カ月目の後半はなぜか、ずっと体重が変わらない状態でしたが・・・

この数日でまた減り始めて、3カ月半で体重 8kg減となっています。

 

正直、世の中のダイエットブログの中では、そこまですごい数字ではありません。

かなり適当に実践してしまっている上、飲み会や、週末のイベントでの暴飲暴食は、特に控えていません。

ですから細かく増えたり減ったりが起こり過ぎてて意味不明なところも結構あります(適当

ただとりあえずは、私のやり方でも、基本的な体重減少の方向性は間違いないと言えますね。

糖質制限が世の中を動かしてる?

糖質制限で ○○か月で体重 ○○kg減少しました!

なんていうブログが乱立するくらいに、ダイエット、特に糖質制限ダイエットに関する情報はたくさん溢れていますね。

糖質制限の食事方法そのものに焦点を当てたものから、筋トレを併用したものまで、ちょっと調べ出したら大量の情報が出てきます。

 

特に最近ではライザップさんをはじめとした、「糖質制限+ジムで筋トレ」という素晴らしい組合せの取り組みも多く紹介されています。

確かに「糖質制限+筋トレ」というのは、とっても良いと思うのですが・・・

・・・・・・・

はい、今の間によしやってみよう!と思えた方は、きっとそれで上手く行きます!

だって、筋トレをやろうと思える人なら、ほっといても痩せますって(笑)

 

私のように、もう筋金入りの運動嫌いは、基本的にきっつい運動はしたくないわけです(汗

そこで、筋トレ以外になんかないの?ということで、糖質制限にチャレンジすることになるんですね。

運動が嫌いでも、なんらかの結果がすぐ出るものとして糖質制限が流行っているんだと思うんですが・・・

 

そしてこの糖質制限は、食事の仕方だけで、すぐに2~3kg体重が減る人がほとんどです。

だから、実際に取り組んだあとも、長続きする人が多いんですね。

ただし、明らかに食事の制限をし過ぎてしまう人が、かなり居るのも事実。

糖質を制限するのはいいけど、それと同時にタンパク質や脂質まで摂る量が減ってしまっては、ダイエットとしては大失敗になります。

タンパク質不足だと筋肉量が減るので、一時的に体重が減ってもリバウンドしやすくなってしまうわけですよ。

これが原因で、糖質制限は痩せない!という主張をしている人も結構います(汗

ですから、私のような適当な糖質制限ダイエッターでも、今のところ大失敗していない方法を少し共有したいと思います。

管理人流の糖質制限ダイエット

スポンサードリンク

糖質制限と言えばこの人!という、江部先生の本を1冊読んで・・・

マジで? 糖質減らしたら血糖値が上がらないんだ!

というところから、始まった管理人の糖質制限。

最初は、メタボの症状の一つ、糖尿病の悩みからのスタートでした。

実は、体重が減るというのは、一番の目的ではなかったんですが・・・(笑)

ですからビックリするくらい体重が減るので、筋肉が減ってしまうのが何よりも怖いという・・・

普通の人とはちょっと違う悩みを持っていたかもしれません(笑)

食事方法の決め事

糖質制限で禁止する炭水化物

とにかく血糖値の改善が最大の目標だったのは間違いありません。

始めたころの記事の題目も「血糖値改善を目指して」なんて副題がついていますもの。

参考記事:メタボ改善のためにやんわり糖質制限を|血糖値改善を目指して

 

この参考記事で書いてあるように、今まで糖質まみれだった私が、糖質を制限し始めた最初の3日間はかなりきつい思いをしました。

とにかく、糖質(ご飯、麺、パン)の代わりになるものを見つけて、それを代わりに食べるという食事方法を作っていきました。

参考記事:糖質制限初心者でも失敗しない最初の1週間の過ごし方と挑戦結果

結果的に、この最初の1週間を乗り切るために作った食事方法が、3カ月間ずっと続いています。

 

詳細は記事を読んでいただくとして、簡単にまとめておきます。

  • 朝・昼は完全に主食を抜く。
  • 朝の牛乳はやめてブラックコーヒーに変更する。
  • 4歳の子供が真似するので、夜だけ茶碗1/4~1/3のご飯を食べる。
  • 飲み会は焼酎とウイスキーをロック、水割り、お湯割り、ハイボールで飲む。
  • おやつはナッツ類、ココナッツ、チーズ、あたりめのみ許す。

 

目指すべきは、スーパー糖質制限という1日の糖質摂取量を60g以内(1食当たり20g以下)にする食事方法です。

ですが私の場合は、子供と一緒に食事をする夜だけは、ご飯を抜きにくいので、ちょっとだけ食べていました。

ご飯を50g程食べる感じでしたね。

白米50gが大体、糖質20gと言われていますから、夜は少し多めの糖質量になっていたと思います。

ですから結果的には、スタンダード糖質制限(糖質1日100g以内)の亜流になっていました。

なぜ亜流かと言うと・・・

基本的には、夜だけは主食を抜いてください!と言われているからです(汗

私の場合は、夜だけしょうがなく主食を食べているという・・・ちょっと普通じゃない状態にですね・・・

ただし、息子も5歳になって、ようやく分かってくれたみたいで、そろそろ夜も主食抜きが出来そうです!

運動の決め事

サイクリングイメージ

このブログ、実はメタボ改善のために、自転車でサイクリングをやろうよ!というところから始まっています。

糖質制限を始める前から、月に8~12回程度のサイクリングをやっていまして、月に1kgずつくらいは体重が減っていました。

糖質制限をやり始めても、このフィットネスサイクリングだけは併用していこうと決めています。

それはなぜかと言うと・・・

しっかり身体を動かしていないと、糖質制限で筋肉が落ちすぎるのが怖い!

と言うのが一番でした。

 

筋肉も一緒に落ちると体重はガッツリ減りますが・・・

基礎代謝が落ちるので、結果的に食べるものが消費されにくくなって、逆にリバウンドする可能性が高いのです。

ですから、糖質制限をやりながら、筋トレをするのは大正解!

筋肉量を増やしながら脂肪だけ減らすのが一番良いですね。

 

ですが・・・

何度も言うのですけども・・・

ワタクシ、大の運動嫌いなので、筋トレとか嫌です(キリッ

 

まあ・・・いろいろ考えた結果、自転車だけはしっかり乗っておこうと(汗

しかし自転車と言うと、本来は有酸素運動なので、筋トレとは真逆なんですよね・・・

ただし、下半身を絞って筋トレっぽく運動するのは可能なのかな?という言い逃れで良しとしています(笑)

筋肉量が落ちすぎたら、いつものサイクリングで体の変化に気付くだろうという論法です!

だって、脂肪燃焼を目的としたサイクリングって、とっても楽なんですもの(笑)

運動しているというキツさをそこまで感じないのに、しっかり運動したことになる最高のフィットネスですよ!

参考記事:メタボ改善の為に自転車に乗る理由|運動嫌いダイエッターの視点

 

ただし、本当にタンパク質不足の筋肉量低下が心配なので、プロテインだけは飲むようにしています。

「面倒くさい」に備えた準備

そして最後に、もう一つポイントをお伝えしておきたい!

これを力説するのは、当ブログくらいのものかもしれないですが(笑)

それは、糖質制限をするのって・・・

とっても面倒くさい!と思う瞬間があるということ。

参考記事:糖質制限に失敗する原因!あまり議論されないもう一つの理由

 

だって考えてみて下さいね。

今まで、適当に素早く食事をしないといけないときに、何を食べてました?

・・・

はい、今思い浮かべたものの中に、糖質がどれだけ含まれているかを考えてください!

私が思い浮かべるのは、おにぎり、サンドイッチ、ラーメンなどなど・・・

どれも糖質の量はものすごいことになります。

これが糖質制限中だとNGになっちゃうわけです(汗

 

どうでしょう?

急いでいる時は、とっても面倒くさいと思いませんか?

私は、何度かこういうことがありました。

時間無いし悩む時間も無いので、もうなにも食べなくていいや・・・

こうなったら、もう大変ですよ(笑)

お腹減ってイライラするのと、時間が無くてイライラするのと、糖質制限で悩むのが面倒でイライラするのと・・・

通常の3倍イライラします!

 

ですから、私はまず、いろいろなパターンをどうクリアするかを考えておくことにしています。

ちょっと物足らないという時に付け足すためのものを準備しておく。

アボカドサラダイメージ

これは作り置きですね。

糖質制限のとっても心強い味方素材は・・・

アボカド、サラダチキンです!

ですからこれを使った、アボカドサラダをいつも冷蔵庫に作り置きしています。

参考記事:糖質制限の簡単で安いメニューは?アボガドサラダのレシピ紹介!

多分、私の糖質制限が今でも続いているのは、このサラダに出会えたからと言っても過言ではありません。

アボカドは糖質制限的に優秀らしいので、後はコンビニでなんとかなるものは出来ないかなぁ?

と思いながら、アボカドで作るコブサラダを思い出してチャレンジしたものです。

コンビニで済ますときのアイテムを決めておく

糖質制限のコンビニ昼食ベストコンビ

いつ何時、ランチタイムが全然ない日程で動く必要があるかわかりません。

そういう時は、コンビニでおにぎりとかサンドイッチを買って、場合によっては車を運転しながら食べることもあるかもしれませんね。

そういう時がいつ来てもいいように、たまにコンビニに寄ったり、WEBで調べておくことをお勧めします。

私の場合はブランパンシリーズがとても優秀なので、主にローソンを気にしています。

参考記事:糖質制限中のコンビニ昼食ベストな組合せ|時間がない時はこれだ!

主食の代わりに使う食材を決めておく

食事代を節約するには、家で自炊するのが一番ですね。

ですが、自宅で作る料理も、何も考えずにいつも通りにやっていたら・・・

すぐ麺やご飯を使った簡単メニューになってしまいます(汗

ですから、日頃から麺やご飯の代わりになる食材を見つけて確保しておくことが重要です。

私個人のお勧めは、ご飯の代わりは豆腐ライス、麺の代わりは紀文さんの糖質0g麺か、糸こんにゃくです。

参考記事:糖質制限中でもご飯メニューが食べたい!豆腐ライス作成実践編

参考記事:糖質制限やダイエットのメニューは糖質0g麺を使えばとっても楽チン

初心者が3カ月自己流糖質制限をやった結果のまとめ

糖質制限の本やレシピ本を数冊読んだだけの状態で、とりあえず取り組んでみた糖質制限。

自己流だった割りに、その結果は3カ月でマイナス7kgで、その後半月でさらに1kg減少途中

とても良いペースで体重が減っています。

管理人のやっている糖質制限は、ストイックなやつではなく、ちょっとゆるい糖質制限でした。

1日の糖質量を100g以内にするスタンダード糖質制限の亜流です。

ですから、これをもっとしっかりスーパー糖質制限にすれば、管理人以上の素晴らしい結果を出すことも可能だと思います!

ただし、一人で糖質制限をやる場合、注意点があります。

  • 食事に関する決め事をしっかり守る
  • 運動に関する決め事をしっかり守る
  • 面倒くさいに備えるために、あらかじめ準備をしておく

このように、前もって想定できるものごとを、しっかり決めておくことです。

これがしっかり決まっていない状態だと、必ず挫折します。

本文でも書いていますが、とにかく面倒に感じてしまうんですよ(汗

糖質まみれだった人が、糖質を食べないようにするのは、とてもストレスが大きいです。

このストレスと戦いながら、面倒くさいという気持ちが高まると、継続する気力がなくなります(汗

ですから、しっかりと準備をして取り組んでみてくださいね。

もし、この記事を読んで、糖質制限にチャレンジする方が、とても良い結果を出してくれたなら、とても幸せです!